独自ドメイン、日本語ドメイン、中古ドメイン等ドメインと一口に言ってもたくさんあります。各ドメインにもやはりランク付けがありピンからキリまであります。あなたの求めているドメインはどのようなドメインでどんな効果を持っているドメインでしょうか?

2016年12月の記事一覧

ローカルユーザーのドメインに関する確認方法

セキュリティの関係やサービスの関係から誰がそのパソコンを使っているのかと言うことが重要な場合があります。
ローカルユーザーと呼ばれるもので、パソコンを起動した時に入力するユーザーIDが個人を識別するために使われています。
個人を特定することで、アクセス権限の範囲内のデータや個人管理のデーターへのアクセスができるようになります。
このようなシステムがないと誰でも好きな時に勝手に情報を見ることができるようになって情報社会では混乱をきたします。
ローカルユーザーは、パソコンなどのハードウェアに依存した識別符号です。
情報化社会となった現在では一人1台のパソコンを使うのは当たり前となってきました。
従業員が多くなると複数のパソコンが会社のサーバーにアクセスすることになります。
プリンターを共有することも考えられます。
個々のパソコンに対して別々に設定していたのでは時間がかかって非効率です。
そのため同じサーバーに接続するパソコンに対して一元管理するシステムがあります。
Active Directoryと呼ばれるもので、ユーザーIDやパスワードを一元管理します。
一度認証されたユーザーは、その範囲内で自由に情報のやり取りが可能です。
なんども同じIDやパスワードを入れる必要がありません。
また万が一パスワードを忘れた場合には、管理者権限でリセットしてもらうことができます。
ローカルユーザーの情報の確認方法は、「Active Directory ユーザーとコンピューター」と言う管理ツールを利用することができます。
また、コマンドプロンプトから「net user」コマンドで確認する方法もあります。
net userとユーザー名を入力した後にドメインスイッチとして「/domain」を追記します。
それによりパスワードの有効期限やログイン情報がわかります。

続きを読む